ヤミ金への対応は?

ヤミ金のトラブルを回避する自己防衛も大切ですが、事業を行っている方だとヤミ金のトラブルに遭遇してしまうケースもあります。システム金融というヤミ金の手口があり、手形や小切手などを担保にして運転資金の貸し付けを行う業者があります。貸し付け金額に対して高金利を請求して手形や小切手の不渡りを脅迫します。ヤミ金のトラブルに巻き込まれると精神的なダメージが大きいです。ヤミ金からの取り立ては深夜でも来ますし、頼んでいない宅配ピザが届いたり、リフォーム会社が来るケースもあります。場合によっては職場にも取り立てが来るケースがありますので、自分だけなく親族などの関係者にも迷惑をかけてしまいます。

弁護士法律事務所に相談をするとヤミ金の取り立てがなくなるというメリットがあります。ヤミ金融業者が行っている行為は違法な行為なので、弁護士に依頼をすれば手を引くケースが大半です。法律事務所では無料相談サービスを行っていますので、精神的なダメージが少ない段階で即座に相談をした方が良いです。

個人でも過払い金を調べるために引き直し計算することは可能ですが、計算するには借りた業者への取引履歴の開示が必要になります。個人で取引履歴の開示を要求してもヤミ金業者の場合は応じないケースがありますので、弁護士を仲介して手続きを進めた方がスムーズです。

▼関連サイト▼
弁護士無料相談ができる法律事務所

ヤミ金を見極める

パソコン基本的なルールとして、貸金業者が貸し付けを行う際は、年利20パーセントの上限があります。最低限のルールを知っておくだけでもトラブルを回避することができます。貸金業者は事業を行うために行政への登録が義務付けられています。金融庁のホームページにアクセスすると登録貸金業者情報検索サービスがあります。

金融庁のホームページでは登録されている貸金業者が公開されていますので、貸し付けを依頼する前に検索して調べるだけでもトラブルを回避することができます。最近では減少傾向にありますが、都イチ金融というヤミ金もあります。合法的な業者であるかのように装って、違法な貸し付けを行っている業者もあります。登録番号が「都(1)」から始まっているヤミ金業者が多かったため、都イチ業者と呼ばれるようになりました。

店舗などをもっており合法的に装っている貸金業者でも違法な貸し付けをしているケースもありますので、金利の設定などが適切であるかを見極めることも大切です。ヤミ金には質屋を装って高金利を請求してくる業者もいます。質屋の場合、質屋営業法によって上限金利が109.5パーセントに設定(うるう年以外)されており、高金利を要求してきます。業種の都合上、法律的には質屋の上限金利の設定は高いですが、表向きは質屋であっても高金利を要求してきたり、銀行口座の引き落とし手続きを要求してきたら注意です。

法律事務所に相談する

お金お金に関するトラブルに巻き込まれたら、まずは法律事務所への相談を検討したほうが良いです。個人で解決する方法もありますが、ヤミ金(ヤミ金融業者)の被害にあった場合は専門的な知識が必要になります。ヤミ金の定義は様々なものがありますが、法律に違反した金利での貸し付けを行っていたり、行政に無登録で貸し付けを行っている業者はヤミ金になります。ヤミ金から借りてしまった借金は返済する義務はありません。様々な手口で返済を要求してきますが、貸し付けを行うこと自体が違法なので強い意志を持って対応することが大切です

自分自身からお金を借りることがなくても、ヤミ金の被害に遭ってしまうことがあります。ヤミ金の手口に押し貸しがあり、勝手に銀行口座に振り込みを行う手口があります。気が付いたら自分の口座にお金が入っていて、後日返済を要求してくるのもヤミ金の手口です。押し貸しの場合、高額な利息での返済を要求してきますが、違法なことなのでしっかりと対応すれば解決します。多重債務の方が増えたことが社会現象になり、法改正も行われて消費者金融などのルールも昔よりは厳しくなってはいます。

貸金についてのルールは整備されてきましたが、ヤミ金についての被害は現在でも起きています。平成27年にはヤミ金に関する事件で610人が検挙されており、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。事業者の方だと資金繰りを難しくなり、ヤミ金に接触してしまう可能性もありますが、法律事務所に相談して適切な対応が大切です。